ガチで考えるAGA|最後に頼って良かったミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレットの効果

AGAの治療に用いられる育毛剤に配合されるミノキシジルは液剤となり、頭皮に塗布する事で毛髪が成長の為に必要な毛母細胞等の成長因子を活性化させる事や血管を拡張する事で毛髪が成長するのに必要な栄養や酸素を補給する事で今残る毛髪に働きかけ、弱く細くなった軟毛をコシのある丈夫な硬毛へと成長させる事ができ育毛効果を実感する事の出来る薬剤になります。
また本来は原因物質を阻害しない事には幾ら育毛を続けても原因物質が優位に働く事から現状維持あるいは症状を遅滞させるに留まってしまうので、フィナステリド成分を含有するプロペシアと併用される事がほとんどになり、育毛剤の弱点として剤形が液剤になるので頭皮に塗布して有効となるのが頭頂部のみになり、液だれの影響から生え際には成分を十分に浸透させる事が難しく効果を発揮させる事が出来ませんが本剤にはタブレット型の経口投与する事の出来る薬剤があり、それがミノキシジルタブレットという製品になります。
ミノキシジルタブレットとは、通称ミノタブと呼ばれる経口投与により体の中から同様の作用をもたらす事の出来る薬になり、また上記弱点を克服する事が出来るもので、成分を体から取り入れる事で頭皮全体に作用させる事ができ液だれを起こしやすい前頭部の生え際等にも効き目を発揮してくれる錠剤になります。
外用薬と異なる点として経口投与を行う為、副作用が起こる可能性が高まり血管拡張の作用があるので頭痛を起こす事や動悸やふらつき、あるいは多毛症の症状が起こりやすく体毛が濃くなる症状が起こる事があり、全体に浸透しやすい分、多少の副作用は仕方のない事になりますが、その一方で外用薬に比べると血液の20%が脳に輸送させる事から考えると育毛力は内服薬の方が高いと考えられ、頭皮が分厚く浸透させにくい際にも内側から有効性を発揮してくれる様になります。
AGA治療に有効と考えられる成分は本剤成分と上記記載のフィナステリドのみになるので上記の点に留意した上で使用を検討して下さい。