ガチで考えるAGA|最後に頼って良かったミノキシジルタブレット

ミノキシジルとAGA治療

ミノキシジルタブレットは、まだ日本では認可されていないものの、AGA治療に非常に効果の高いと世界中で使用されています。
ミノキシジルが配合されている育毛剤で、日本国内で売られているものは、頭皮に直接塗るものしかないのですが、それでは効果が足りないと感じる方が多いです。なぜ効果が足りないかというと、皮膚は外から入ろうとしてくるものを入れないようにするため、充分に吸収が出来ないのです。
そんな時にミノキシジルを直接体内に摂れる錠剤タイプの育毛剤としてミノキシジルタブレットは有名になりました。
この商品に配合されている主成分ミノキシジルは、発毛効果が認められている成分です。しかし、元々は高血圧の人の血管を広げて、血圧を下げる薬として使われていました。使用者の副作用として多毛症が見られたことがきっかけとなり、AGA治療に良いのではないかと明らかになりました。この血管を広げる効果が、作用し頭皮の縮んだ毛細血管も広げられるというわけです。
髪の毛が薄くなってしまうのは、頭皮に血液が届いていないことが一つの理由だとされています。血液が届かないことによって、栄養も行き届かなくなり、毛根の細胞が弱まっていってしまうのです。弱くなった状態が続いてしまうと、髪の毛を作ることが難しくなって薄毛になったり、頭皮の栄養不足で抜け毛が増えたりしてしまいます。
直接体内から摂るタイプのため、効果は高いですが、副作用も当然あります。まず一つは頭髪だけでなく、体毛も濃くなってしまうというものです。頭皮にだけ作用する成分ではなく全身に運ばれる成分なので、これは仕方がありません。
それだけではなく、血圧が下がる、動悸、むくみ、吐き気や嘔吐などがあります。特に元々低血圧だと分かっている人は、今よりも血圧が下がってしまうということなので、気を付ける必要があります。
ミノキシジルタブレットは2,5mg、5mg、10mgの3種類あります。2,5mgが効果が低く10mgが一番効果が高いとされています。ですが効果が高い分、副作用もきつくなっているので、初めて購入するという場合は2,5mgのものから購入することをおすすめします。そして徐々に体を慣らしていってから、10mgなどに移っていくようにしましょう。
塗布するタイプのものでは効果が得られなかった場合や、最初から効果が良いものを試したいという方に非常におすすめですが、副作用のことも考えて購入するものを選ぶようにしましょう。そこさえ気を付ければ、昔のふさふさの髪を取り戻せる可能性は非常に高くなっています。