ガチで考えるAGA|最後に頼って良かったミノキシジルタブレット

外用薬から内服薬へ

国内でも市販されている育毛剤の有効性分としてAGAの男性の方に広く知られるミノキシジルが外用薬では無く、経口内服により効果を発揮する錠剤に剤形を変えたミノキシジルタブレットとは、外用薬である液剤では成分の浸透が不十分になり頭皮の場所によっては効果がまばらになる事を防ぐ為に開発され、内服する事で体の中から頭皮に作用し全体的に育毛の効果を行き渡らせる事が出来る海外医薬品となります。

主にAGAの治療に対して用いられるミノキシジルですが、外用薬を用いるメリットとしては丈夫な硬毛へと変化させ成長させる事に有りますが、他にも外用薬ならではの副作用の少なさが挙げられ、頭皮に合わない際には痒みが起きたり皮膚が気触れてしまう事が有りますが、体の中から作用させる錠剤とは異なり、それ以外に副作用の心配を殆ど必要しないという事が有ります。

液だれという弱点を改良して誕生したミノキシジルタブレットですが、経口内服する事で副作用による症状を増やしてしまう事にもなり、成分の経口摂取は血液を通り頭皮に運ばれるのでまず挙げられるのが全身の毛が濃くなる事で、特に腕や足に生える毛が濃くなるとされており、個人的な価値観にもよりますが薄くなった毛髪のそのままにしておくのか、AGA改善と引き換えに体毛が濃くなる事を了承するかのどちらかとなります。

他にはこの成分自体はそもそも高血圧症に悩む方が内服する血圧を降下させる作用を持つ成分だったので血圧低下を起こす事が有り、元々血圧の低い低血圧な方や他の降下剤を投薬している方は副作用の症状を強める危険性が有るので控える必要が有ります。

ミノキシジルタブレットの作用自体は育毛剤外用薬と異なる点は無く、頭皮の下に有る毛根内に存在する毛乳頭細胞や毛母細胞あるいはその下を走る毛細血管等を活性化させる事により、血液を通じて多くの栄養や酸素を補給する事ができ、丈夫で健康な毛髪を取り戻す事が出来る仕組みとなります。

外用育毛剤は頭頂部であれば液だれをしないので有効ですが、全体的な薄毛には経口内服の方がより良い効果が期待出来ます。